ニュース

 < 研究授業:理科 >
2010年10月18日(月)

100308_01.JPG
 今日から、本校の研究シリーズが始まりました。今日は、4年1組の子どもたちが「蒸発した水の行方」を考えていきました。授業では、生活経験や既習事項を使って、様々な説を考えていきます。「繰り返し再生説」「水蒸気たまり説」「満員電車説」など、一人一人の頭の中にあるイメージを膨らませて友達に自分の考えを伝え合うことができました。話し合い後には、実験を行った子どもたち。次の時間は、実験から考えたことをもとに追究が続きそうです。