ニュース

 < 研究授業:保健 >
2011年01月28日(金)

100407_01.JPG
 今日は4年生で保健の研究授業を行いました。担任と養護教諭がティームティーチングで育ちゆく体、特に骨の成長を視点に考えていきました。子どもたちは、教科で培ってきた「仮説を立てる力」を使って骨の成長について話し合いました。養護教諭の先生からは、実物をもとにして専門的な話をしていただき、子どもたちは自分の体の成長にますます興味をもった様子でした。