ニュース

 < 木の遊具 >
2011年02月28日(月)

100463_01.JPG
 「とやまの木を使った遊具」が低学年ワークスペースに届きました。説明をしていただいた後、子どもたちは早速、遊具に集まって遊んでいました。この企画は富山県が推進しているものです。幼いときから気に親しむ「木育(もくいく)」の一環だそうです。楽しく遊んでいくなかで、木のあたたかみにふれ、自然のよさを感じ取っていくことと思います。