ニュース

 < 平成24年度スタート >
2012年04月05日(木)

100790_01.JPG

 大海原を泳ぐマンタ、ことオニイトマキエイ。 プランクトンを食べながら成長し、8m、3トンにまで達するという。生まれた子どもはすでに1m、50kgの大きさにまで成長しているらしい。 そんなマンタの子どもが、今日の始業式の主役だった。

 校長先生は、敵に襲われる”子どもマンタ”の模型図を巧みに操られた。 子どもたちは、それでも自力で親元に戻ってくる姿にくぎづけになった。

 しかし、しだいに われわれ人間の場合はそうはいかないことに気づいていく。

 自分の力で歩み出し、よりよく生きていくことができるようになるまでには、それなりの準備期間が必要であることを。

 それは、 日々の授業をしっかりと受けること、相手の心を理解し自分の力を役立てていこうとすること。

 今がぼくらの準備期間。今こそぼくらの学ぶ時。 平成24年度いよいよスタート。