ニュース

 < 青虫マンション >
2012年07月03日(火)

100897_01.jpg

3年教室前に立ち並ぶ青虫マンション。

5月頃から建設ラッシュが続き

今では、この通り。

 

中に陣取る住人たちの出身地は、

主に、学校の中庭のキャベツの葉。

 

卵の時からこの中で育ってきたという古参の衆から、

最近になってやってきた新参者まで、

みんな大切に見守られている。

 

きりふきで水をかけてもらい、

新鮮な葉を与えてもらい、

たくさんのフンを掃除してもらい

休日は自宅にまで連れて行ってもらっているのだ。

 

そんな大好きだった青虫マンションとも、

いよいよ、お別れの時が近づいているようだ。

 

青虫マンションの小窓をそっと覗いてみると、

姿を変えてじっとその時を待っているお宅が

ちらほら。