ニュース

 < 3回目の定点観測 >
2012年09月06日(木)

100969_01.jpg

校庭の桜の定点観測。

その3回目が今日、行われた。

 

枝振りには、

一夏を越えた

自信と逞しさがみなぎっている。

 

1枚1枚の葉は、

大きく、厚く、濃くなって

互いの存在感を認め合っている。

 

それを見守る空は、

すべてを包み込むかのように

どこまでも天高く広がっている。

 

附属の稚児桜は、こうして

自ら伸び、

仲間と共に伸び、

美しい環境の中で伸び続ける。