ニュース

 < 前期終了にあたって >
2012年10月11日(木)

101034_01.jpg

2期制をとっている本校は、

今日が前期の終了日。

 

全校集会での

校長先生のお話は

ご自身の体験にもとづいた

実に、心に染み入る内容。

「あの日、あの時の

 取り返しのつかない悔しさ」

が痛いくらいに伝わってきた。

そして、最後には

「最善をつくすこと」の大切さについて

考えさせられてしまった。

 そうだ、

もとより100%完璧はない。

大切なのは「最善を尽くす」ことなのだと。

 

そう思って、

このやじろべえをみつめた。


どんな場所に置かれても

全身をフルにつかって

微妙なバランスを保持しているやじろべえ。

100%完璧でない状況で、

100%最善を尽くしているやじろべえ。

そう見えてくる。


前期の最終日の今日、

後期に向けた心構えができた。