ニュース

 < 雪のグラウンド >
2012年12月17日(月)

101096_01.jpg

今週は雪も落ち着き、グラウンドの雪もすっかりなくなったが、

先週は雪遊びができるくらい雪がたくさん積もった。

グラウンドに雪が積もると、休み時間の玄関前は、

スキーウェア姿の子供たちであふれかえる。

低学年は授業の中で、グラウンドや低学年遊び場で雪遊びをする

クラスも多かった。

2年生は体育で雪上バケツリレーを行っていた。走りにくい雪の上を

一生懸命走る姿はほほえましいものがあった。

101096_02.jpg

こちらは、色団対抗雪積み競争の様子。

どれだけ高く雪を積めるか競い合った。高くなったところで崩れてしまい、

思わず「あああああ・・・・」と言ってしまう場面も。

101096_03.jpg

そしてこちらは雪玉を投げて、的となるバケツを落とす競争。

うまく命中してバケツが落ちた時には歓声があがった。

 

さて、今週の天気予報を見ると、また雪マークがちらつく。

大人にとっていやな雪ではあるが、子どもたちにとっては

遊び道具が空から降ってくるようなもの。

雪が積もるとまた、スキーウェアに身を包んだ子供たちが

威勢よくグラウンドに駆けていくことだろう。