ニュース

 < 授業研 >
2013年01月22日(火)

101116_01.jpg
本日今年最初の授業研が行われました。

3年生の音楽では、「Voices」という楽曲を題材とした提案授業でした。

中心となっていたのは、「u wo uwo uwo u wo wou wo・・・・」の部分をどのように歌うかということ。

最初子どもたちは直前のフレーズがフォルテで歌う盛り上がる部分だったことや、wou wou・・・という、飾りのような歌詞であることなどから、どの子もフォルテよりも弱く歌うとよいと考えていました。

しかし、作曲者は直前のフレーズ同様この部分もフォルテにしていることを知り、子どもたちの心が揺さぶられました。それほど意味がないのではと考えていたu wo uwo uwo u wo wou wo・・の部分にも、意味があるどころか、逆に作曲者は大切な意味を込めているのではないかと考え始めたのです。

そのことに気付き始めた子供たちの歌声は、明らかに授業の最初に歌ったものと異なるものとなっていました。音楽を通してよりよく思考する子どもの姿がそこにはありました。

 

さて、今年度の授業公開は、とうとう残り4年生の算数科と2年生の国語科だけになってしまいました。まだまだ参観申し込みは受け付けています。授業を通し、子どもの思考が組変わり、思考が活性化していく姿を、ぜひ一緒にご覧になり、共にその背景を考えていきましょう。