ニュース

 < 一工夫 >
2013年05月09日(木)

101277_01.jpg
  「昨年と同じではなく・・」ということを合い言葉に日々の学校生活を送っていますが、子どもたちにも浸透しています。例えば、委員会活動。今年の放送委員会の役割に、朝のミニ放送が加わりました。さわやかに一声をかけており、元気を全校に広げてくれています。放送委員の子どもたちに聞くと、放送マニュアルはあるものの、それだけでなく自分たちでコメントを考えているそうです。その放送する姿には、自分たちの仕事に誇りを感じながら取り組んでいることがよく伝わってきます。一工夫を加えると、周りに幸せを広げ、自分の成長も感じられるのですね。