ニュース

 < 責任 >
2013年05月17日(金)

101297_01.jpg
 廊下のところどころに、花の鉢が置いてあり、学校に潤いを与えてくれます。この鉢は、栽培委員の子どもたちが管理をしています。その鉢の下には、管理担当の子どもの名前が書いてあります。その担当者が花の様子をよく見て、水やりをしっかりとしてくれているので、花もよい状態を保っています。継続することは大変なことですが、記名をすることで自分の役割に責任をもち、確実にやりとげている子どもたちです。