ニュース

 < 附属っ子は >
2013年05月22日(水)

101313_01.jpg
 附属っ子は、おもしろいものをたくさん学校に持ち込んできます。周りの自然で見つけてきたものを学校でみんなに紹介しています。ザリガニ、カメ、カマキリの卵、レンゲソウのネックレス・・・とてもうれしそうに見せてくれます。  さて、先日とてもめずらしいものを見せてもらいました。学校周辺には、外来種のセイヨウタンポポばかりで、在来種のニホンタンポポはほとんど見つかりませんでした。そんな中、旅行先で見つけたニホンタンポポを鉢に植え替えて持ってきてくれる子がいました。最近は、外来種のセイヨウタンポポが多く見られる中で、珍しいニホンタンポポを見て子どもたちは大喜びでした。学校の学びを、学校の外にも広げていくのが附属っ子です。