ニュース

 < 南極ブーム >
2013年06月12日(水)

101351_01.jpg
 昨年度、附属小学校は“南極ブーム”に沸いていました。その仕掛け人は、S教頭先生。南極授業は、子どもたちにとって忘れられない思い出となっています。4月から復帰されたS教頭先生は、春から各教室を訪問し、南極の魅力を語っておられます。子どもたちは、S先生の南極のお話をとても楽しみにしています。この日も2年生の教室で、たくさんの映像を見ながら子どもたちは南極に思いを寄せていました。附属小学校での“南極ブーム”はまだまだ続きます。