ニュース

 < 教育実習公開授業 >
2013年09月17日(火)

101469_01.jpg
 教育実習の公開授業が始まりました。今日、明日は2年次の教生先生、そして最後の2日間は3年次の教生先生です。まとめの授業ということで、どの先生も一生懸命でした。さすがにまとめの授業、先生の声の張り具合や表情、準備してきた教材、教師の発問、そして子どもたちとのやりとり、どれをとっても工夫されているのが伝わってきました。3年生社会「はたらく人とわたしたちのくらし」の学習では、教生先生が「スーパーマーケットでは、大変なのに魚を切って売っているのはどうして?」と焦点をしぼることで、共通の問題となり、子どもたちのかかわりがいっそう豊かになっていました。確かな成果があちらこちらの場面で見られました。(写真は、理科の授業で真剣に昆虫を見ている子どもたちです)