ニュース

 < 師弟同行 >
2013年09月20日(金)

101481_01.jpg
 授業が終わると、授業の振り返りをすることが大切になります。いつもは、各教室で行われていた振り返り、教育実習公開授業は、低・中・高学年別に行われました。学級だけでなく、多くの仲間の考えを聞く機会となります。協議会の最初に、指導教員から、「私たちは普段、子どもたちに積極的に発言しましょう、と言っています。だからこそ、私たちも進んで協議会で意見を言っていきましょう。教師ができないことを、子どもたちには言えませんよね」と話がありました。よい授業にするには積極的に意見を言い合うこと、まさに協議会も同じです。教師の普段の行いこそ、子どもたちにも通じます。この日の協議会、各フロアで、有意義に進んでいったそうです。