ニュース

 < 生徒指導の先生のお話 >
2013年10月07日(月)

101520_01.jpg

 今日の給食時間の生徒指導の先生のお話は、玄関の汚れについてでした。先生は、「玄関は、学校の顔になります。お客さんは必ず玄関を通って学校に入ってこられます。玄関が汚れていたら、学校に来る人はどう思われるでしょうか。外から学校の中に入るときは、砂を外でしっかりと落として入りましょう」と言われました。

 そして、昼休み後の掃除の時間、玄関掃除にやってきた子どもたちは、「今日の放送で、玄関に砂が多いって言われたね。しっかりと掃除しよう」と言いながら掃除に取りかかっていました。隅々まできれいにはくほうき係、床を何度もふくモップ係、それぞれがいつも以上に一生懸命取り組んでいました。生徒指導の先生のお話をよく聞き、それを実践にうつしている子どもたちの姿でした。子どもたちの心にしっかりと伝わっています。