ニュース

 < 日々の積み重ね >
2013年11月17日(日)

101583_01.jpg
 14日、4回目の研究シリーズ、校内授業研修会が行われました。1年生国語、4年生算数です。1年生の国語では、「きくときに大切なこと」について学習を行いました。子どもたちは、カードに書いてあるものについて質問する人と答える人に分かれ、クイズを行っていきます。どのように質問したり答えたりすればよいかということについて考えました。「私は、形を聞かれたら、難しい形はうまく言えないから、○、△、□のような形と答えるといいと思う」「すぐに答えが分かるような質問はおもしろくないから、長く質問できるような聞き方をしたい」など、1年生なりにしっかりと考えていました。このような姿は、研究授業だから見られるのではなく、4月からの積み重ねがあるからでしょう。1年生として、日々の学びを積み上げている子どもたちが頼もしいです。