ニュース

 < タブレッド端末導入 >
2014年08月28日(木)

101905_01.jpg

これまで附属小学校では、デジタルカメラや実物投影機、プロジェクターなどを用いて、「分かりやすくて楽しい授業づくり」に努めてきました。

夏休みの間に、電子教材開発会社等の協力により、タブレット端末を40人分準備していただきました。
校内の無線LAN工事も完成し、教室の子供たち全員が一同に使うことも可能になりました。

今日は、製品デモンストレーションということで、附属小学校の教員が子供役となり、タブレット端末を活用した授業の模擬体験を行いました。

県内外から注目されるこの取組ですが、今後、ICTの有効な活用の仕方を模索していきたいと思います。