ニュース

 < 志高く >
2014年10月10日(金)

101974_01.jpg

10月7日、うれしいニュースが入ってきました。
青色発光ダイオード(LED)を開発した日本人3人に、
ノーベル賞・物理学賞を授与するというものです。

インタビューの中で、3人の先生方は、
「人がやめていく中でも、自分のやりたいことをやってきた」
「多くの人のサポートを受けてこられたのは、幸運だった」
「学問というのは、何でも人のために役に立つということ」
と話されていました。

今日で、友達と力を合わせ、様々なことチャレンジしてきた前期も終了です。
「目先のことだけにとらわれず、ゆったりした気持ちで、髙い目標をもって取り組む」
後期も、附属っ子らしく取り組み、力を伸ばしていくことを期待しています。