ニュース

 < 一つの花 >
2014年11月25日(火)

102040_01.jpg

日ごとに寒さが増し、冬の足音がどんどん聞こえてきます。
紅葉が色彩豊かなグラデーションを楽しませてくれる一方で、辺りに花は見られなくなりました。

そんな中、学校には、元気に花をさかせている鉢がありました。
この鉢は、昨年度の卒業式の折に、ステージに飾られたものです。

「子供たちに、花のある環境で過ごしてほしい」
そんな想いをもって、春も夏も秋もずっと世話をしてきたのでしょう。

洗面所の近くに、小さい小さいが咲いていることに気付く子供は、あまりいないかもしれません。
しかしながら、そんなに小さな小さなことに目を向けることこそ大切だと、改めて気付かされました。