令和3年度 公開授業研修会 授業の見所

2021年09月30日(木)

10月19日(火) 音楽科  1年2組  髙﨑 晴香

「マーチでレッツゴー!」

 創校記念音楽会で「キラキラマーチ」を歌う子供たちが、歌詞の中に「キラキラ」を表す言葉は見つかるものの、「マーチ」を表す言葉が見つからないことに気付き、音楽の中に「マーチ」の表現が隠れていないか探し始めます。
 「The longest Day March」の鑑賞を経て、拍の流れやリズムが歩きたくなる曲想を生み出していると考えた子供たちは、拍の流れやリズムに着目しながら「子象の行進曲」を聴きます。ただ、互いの歩き方が違うことから、感じ取っていることの違いに気付いた子供たちは、「どうして歩き方が違うのだろう」と問いをつくっていきます。



10月19日(火) 社会科  6年1組  眞田 裕人

「260年余り続いた江戸幕府の政治 ~長く続いた徳川家の時代~」

 江戸幕府の始まりや徳川家康の政策を調べ、家康が大名を統制したことで260年余りも続く江戸時代の幕藩体制国家を築いたことを知った子供たち。徳川家康が様々な政策によって大名の統制を行っていくことを知る中で、大名に藩の財政の大部分を支出させる「参勤交代」の政策と出合います。
 これまで幕府の立場から政策の仕組みを捉えていた子供は、参勤交代や手伝い普請という政策に出合うことで、支配される側の大名の立場になり、幕府の政策に対する疑問をもち、問いをつくっていきます。そして、「藩(前田家)の安定的領地支配」から江戸幕府の政策を多角的に検証し、元和偃武を成立させた政治の仕組みについて理解を深めていきます。



10月22日(金) 社会科  3年1組  岩山 直樹

「3-1探検隊 コンビニのひみつをさぐれ ~地域に見られる販売の仕事~」

 買い物調べを通して、コンビニを頻繁に利用する人が多いことに問題意識をもった子供たち。販売の仕方に着目して問題を追及していく中で、お客さんの多様な願いをふまえて売り上げを高めるオーナーのOさんの工夫や努力に共感していきます。そして、コンビニ経営に関してオーナーの立場から話し合う場において、子供は互いの考えの背景にあるズレを自覚し、考えを吟味していく中で、自ら問いをつくります。
 総合的な学習の時間と関連付けることで、上手な買い物をしようとする買い手の工夫にも意識を向けて、販売の仕事に見られる工夫を追求する子供の姿を期待します。



10月22日(金) 算数科  6年2組  屋鋪 善祐

「並べ方と組み合わせ」

 「6年2組“全力”秋祭り」で、たった一つのオンリーワンアイスをつくるためにアイスの並べ方や組み合わせを調べてきた子供たち。学級の児童数35通り以上を見つけ出すことを目標に、アイスの総数や選ぶアイスの数を増やす中で、起こり得る場合を的確に捉えていきます。
 様々な起こり得る場合と出合い、より求めやすい方法を考える中で、「効率性・一般性」の視点から考えを見直し、事象の特徴に着目しながら思考や表現の方法を工夫していきます。